婦人

初心者でもメキメキ上達する英会話スクール|巷で人気

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語教師向けの試験です

男の人

日本語教師を目指したい

日本語教育能力検定とは、日本語教育を行う専門家として知識や能力が基礎的なレベルに達しているかどうかを検定する試験です。日本語教育能力検定は、日本語教師になるために基礎的な資格として広く社会に認められるようになってきています。そのため日本語教師を目指す人にとって登竜門的な存在として支持を集めております。国家資格ではありませんがこの検定に合格することは、日本語教育業界で長く勤めるために必要なパスポートともいえるでしょう。試験は毎年1回しか行われておらず、合格するためには強い意志を持って勉強を続けることが大切です。検定の内容は、日本語の文法や構造はもちろんのこと言語学や教育制度、歴史や心理学など多岐にわたります。幅広い知識が必要であり、時間をかけて計画的に勉強することが合格の秘訣です。

試験の難易度

最近では海外から日本国内に来る人が増え、彼らが日本で生活を送るためにも日本語教育の重要性が増しています。中には日本語教師を目指す人もいるでしょう。年に1度行われる日本語教育能力検定は、日本語教師を目指す人はぜひ取っておきたい試験です。しかし日本語教育能力検定は出題範囲が広く、しっかりとした試験対策が必要です。日本語教育能力検定の受験者数は例年5000人前後といわれていますが、合格率は20%前後であり決してやさしい試験ではありません。また試験にはリスニングテストが実施されるため、それ専用の対策も行わなければなりません。この検定の主な受験者は、会社員や主婦、退職者など様々です。特に会社員は平日夜や週末を勉強時間に充てる人が多いです。